樹木葬のできる墓地・霊園を探す

日本全国の【樹木葬のできる墓地・霊園】を探すことができます。地域(都道府県・市区町村・路線)、霊園の種類、宗教宗派、特徴、料金などの条件で絞り込んで検索できます。

加えて、樹木葬の意味、費用相場と内訳、種類、手続き、メリット・デメリット、購入の注意点、なども解説いたします。

樹木葬とは

樹木葬とは従来のお墓とは違って墓石ではなく、樹木(樹林)を墓標としてその下にご遺骨を埋葬する新しい形の葬送・ご供養の方法です。

一言に樹木葬といっても合祀型・集合型・個別型といった種類があり、埋葬方法も様々です。樹木葬は基本的に承継者・管理を必要としないので、永代供養(えいたいくよう)の一種だと考えることもできます。

ご供養のためにお参りに行くことは可能です。樹木葬は墓石を必要とせず、埋葬するために必要な区画も狭く済むので、費用はお墓よりも安くなっています。また、宗教・宗派が問われることは基本的にありません。承継者・管理が必要なく、費用も安く済むことに加え、自然に還ることができる自然葬の一種であることから、近年人気が増加しています。

日本では1999年岩手県の祥雲寺で初めて樹木葬が行われました。それまで樹木葬と言えばペットのものが一般的でした。2012年東京都小平霊園で都立霊園として初めて樹木葬が行われ、驚異の倍率16倍超を記録しました。

樹木葬にかかる費用相場

樹木葬にかかる費用相場は一体どれくらいなのでしょうか?

ここでは樹木葬にかかる費用相場を中心に、以下のことを解説します。

  • 樹木葬の種類別にみる費用
  • 樹木葬の費用内訳
  • 樹木葬の費用を左右する要因
  • 樹木葬の種類別にみる費用

樹木葬にも合祀型・集合型・個別型など様々な形態があります。

そして、形態ごとに樹木葬にかかる費用は違ってきます。

まずは樹木葬にかかる費用相場について、樹木葬の種類別に紹介します。

合祀型

合祀型の樹木葬とは、ご遺骨を他の家族の方と一緒に埋葬するタイプの樹木葬のことです。

骨壺からご遺骨を取り出して、比較的大きな樹木の下に他のご家族の方と合祀して埋葬する形になります。

合祀型は埋葬に必要なスペースがほとんどないので、費用はかなり安くなっています。

合祀型の費用相場は5~30万円になっています。

集合型

集合型の樹木葬とは、合祀型と同じようにご遺骨を他の家族の方と埋葬するタイプの樹木葬になりますが、集合型ではご遺骨は合祀されずに個別で納骨されます。

埋葬に必要なスペースは合祀型に比べると少し広くなりますが、費用は従来からのお墓に比べるとかなり抑えられます。

契約期間が決まっているところもあり、契約期間が過ぎると合祀されてしまうこともあります。

集合型の費用相場は15~40万円になっています。

個別型

個別型の樹木葬とは、その名の通り故人一人一人に個別の樹木を墓標として建てるタイプの樹木葬になります。

個別に樹木を建てるということで、費用はほかのタイプの樹木葬に比べると高くなります。

個別型の費用相場は20~60万円になっています。

樹木葬の費用内訳

樹木葬をするためにかかる費用の内訳は一体どのようになっているのでしょうか。

以下で樹木葬の費用内訳を紹介します。

永代使用料

樹木葬における永代使用料とは、従来からのお墓(家墓)と同様に霊園・墓地の使用料としてかかる費用のことをいいます。

永代使用料を支払うことで、樹木葬をしている土地を永代にわたって使用する権利を獲得することができますが、土地自体を購入しているわけではないということに注意をしておきましょう。

管理料

管理料とは、土地の使用料と別に霊園・墓地の管理者に毎年(毎月)支払う必要のある管理費用のことを指します。

合祀型・集合型の樹木葬ではこの管理料がかからない、もしくははじめに一括で支払うことがほとんどです。

永代供養料

永代供養料とは、一般的に永代供養をする際に初めにかかる費用のことを指します。

樹木葬の場合も他の永代供養墓と同じように永代使用料に加えて、管理料も含めたものを永代供養料と呼ぶことが多いです。

つまり、永代供養料は永代にわたって供養をやってもらうための費用を指します。

樹木葬の費用を左右する要因

樹木葬の費用を左右する要因としては以下のことを挙げることができます。

  • 樹木葬の形態
  • 立地条件
  • 供養の内容

樹木葬までの流れ・手続き

樹木葬をするまでの流れと、樹木葬を実際にやるために必要な手続きを紹介します。

樹木葬の形態を選ぶ

樹木葬は合祀型・集合型・個別型といった形態の中から選ぶことになります。

費用面だけでなく、樹木葬の形態のメリット・デメリットを知ったうえで後悔が残らないように選びましょう。

もっと詳しく樹木葬の選び方を見てみたい方は以下の記事を参照してください。

実際にその形態をやっている霊園・墓地を探す

樹木葬の形態が決まったら、次は実際にどこにその形態の樹木葬をやっている霊園・墓地があるのかを調べる必要があります。

終活ねっとでは、全国の永代供養を都道府県別・市区町村別・鉄道路線別・供養形態別・墓地の種類別・宗教宗派別・特徴別に探すことができます。

ご遺骨を移動させる

樹木葬をする場所が決まったら、次は実際にご遺骨を納骨する必要があります。

ご遺骨をすでに埋葬している場合と、火葬場から直接樹木葬をする場合では少し手続きが異なります。

墓じまい・改葬をする場合

現在家のお墓を所有している場合は、墓じまい・改葬のために以下の書類を用意する必要があります。

  • 埋葬(埋蔵)証明書
  • 受入証明書
  • 改葬許可証

書類の準備の他にも様々な手順を踏む必要があります。

墓じまい・改葬の手順をもっと詳しく知りたい方は以下の記事も参照してください。

こちらも読まれています

墓じまいの方法は?これを読めば墓じまいのやり方が全てわかります!

終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

はじめから樹木葬をする場合

樹木葬も法律上は普通のお墓と同じものとして扱われます。

はじめから樹木葬に納骨する場合には、火葬許可証に火葬場で印を押してもらったもの(埋葬のための許可証)を用意しておく必要があります。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬にはもちろんメリットはありますが、デメリットもあります。

ここでは樹木葬を検討するにあたって必ず知っておきたいメリットとデメリットを紹介します。

メリット

まずは樹木葬のメリットについて見ていきましょう。

  • 費用が安い場合が多い
  • 宗教宗派が不問な場合がほとんど
  • 自然葬である

デメリット

デメリットを知っておけば、後々のトラブルや後悔を未然に防ぐことができます。

樹木葬のデメリットについてもしっかり見ていきましょう。

樹木葬を選ぶときの注意点・トラブル

樹木葬を選ぶ際に注意しておくべきポイントをいくつか紹介します。

法律的には大丈夫なのか

樹木葬は墓地埋葬法で定められた埋葬方法に基づいて納骨を行っているので、法律的には全く問題がありません。

同じ自然葬として散骨という選択もありますが、散骨はご遺骨を埋葬はしないので墓地埋葬法による規定はありません。

樹木に散骨した場合

樹木葬は埋葬する場合がほとんどですが、自分の私有地の山あるいは庭で樹木葬をしたいと考えた時には、墓地埋葬法の関係上樹木葬をすることができません。

そんな時に樹木の周りに散骨するという手段を取る人もいます。

ですが、散骨もマナーを考えないと後々トラブルになる可能性があるので注意が必要です。

合祀される期間が決まっている

樹木葬は永代供養の場合がほとんどで、合祀される期間が基本的に決まっています。

ですので、契約前に必ず契約期間がいつまでなのかをしっかりと確認しておく必要があります。

その他の供養形態から墓地・霊園を探す

「樹木葬」について学ぶ

「樹木葬」についてさらに知りたい方へ

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright©株式会社終活ねっと